ジスロマックで性病の再発は防止できる?

ジスロマックはウイルスや細菌、真菌といった病原微生物の中で細菌にのみ作用し、抗菌および殺菌的作用を示します。主にクラミジア菌に効果があることから、性感染症のクラミジアに用いられています。
また、ジスロマックSRでは淋菌が適応菌種に加えられ、クラミジアと淋病のどちらにも作用する治療薬となっています。すでに症状の出ている患者が服用すれば、その日から効果は発揮され、しかも1回の服用で1週間も効果が持続するため、高い確率で完治します。
ジスロマックは蛋白合成阻害薬に分類されるマクロライド系抗生物質ですが、静菌的に作用することから感染の予防などに役立つと言われていますが、実際には高濃度で使用して殺菌的な作用による使用が正しく、性感染症の予防として使用することはできないとされています。
確かに1週間もの継続効果があれば、細菌を抑える効果があると思われるかもしれませんが、潜伏期間があるのと、下手に使用すると耐性菌を作る可能性があることから、再発の予防目的に使用するのは推奨されていません。
特に予防で服用する場合には、毎週かかさず飲む必要があり、耐性菌を作ってしまうと、いざ感染したときに治療することができなくなります。加えて副作用が出ても1週間は効果が持続するため酷い症状を起こしたり、体への負担が大きくなることから肝障害が起こることも懸念されます。
細菌による二次感染を防ぐために、インフルエンザなどの症状で予防として処方されることはありますが、基本的にジスロマックは症状が出た際に使用するものなので、無闇に服用することは控えるようにしましょう。
医師が適切な判断で処方した場合に限り、その指示に従って服用することが大切です。

ジスロマックの治療効果について

ジスロマックはマクロライド系抗生物質で、細菌を原因にした様々な症状の治療に用いられます。成分のアジスロマイシンの作用から蛋白合成阻害薬に分類され、細菌が体内でタンパク質合成を行うために持ち合わせているリボソームに結合することで、細菌鎖の伸長を阻害して抗菌作用を示します。
また、抗炎症作用も認められており、好中球が炎症部位に集合するのを抑えたり、活性酸素産生能を抑制する作用も持ち合わせます。そのため、適応菌種が大幅に広がっており、汎用性の高い抗菌薬として利用されています。
一般的な風邪の症状に処方されたり、細菌によって炎症を起こした部位を静めるために、歯周病によって膿んだ部位や、喉の炎症、中耳炎、肺炎といった諸症状にも用いられます。
適応菌種は有名なものでインフルエンザ菌、ブドウ球菌、レンサ球菌、ヘリコバクター・ピロリ菌などがあり、性行為感染症(STD)によって起こるクラミジア菌にも効果がみられます。
ジスロマックは細菌に効果を示す薬で、本来はインフルエンザ菌や風邪を引き起こすウイルス性の菌種には無効なのですが、細菌による二次感染を防ぐ意味でも使用されることが多いようです。
ジスロマックは副作用の少ない抗生物質とされ、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質に薬物アレルギーを示す患者にも問題なく使用することができ、幼児から成人、高齢者まで幅広く処方できる薬となっています。
ただし、耐性菌が増えることを懸念してか、日常的に服用する必要のある場合では、無闇に処方することが避けられている傾向にあります。ペニシリン系やセフェム系では有効的でないマイコプラズマにも効果を示すことから、マイコプラズマ肺炎をはじめとした呼吸器系感染症で最も多く処方される薬となります。

ジスロマックの正しい服用方法について

ジスロマックは多くの容器の時に、最近の殺菌や化膿を防ぐ薬として処方されています。特徴として、今までの抗生物質は1日数回数日の間、薬を飲み続けなければなりませんでした。しかしジスロマックは薬の服用回数が少なくて済み、病気によっては1回の服用だけで1週間の効果があり、飲み忘れることで症状が悪化したり、改善までの期間が長くなってしまうことを避けることができます。
また、抗生物質の飲み忘れはその抗生物質に対する耐性を細菌が持ってしまうこともあるため「処方したものを最後までちゃんと飲み切るように」という指導がされています。
ジスロマックの服用方法は、病気によって変わってきます。感染症の際に処方された場合は1日2回または1日2回の服用を3日間続けます。体内の薬の濃度を一定期間高くすることで、細菌を殺菌します。クラミジアの場合には、1日1回のみ服用します。
クラミジアの場合には一度に大量にジスロマックを服用し体内の薬の濃度を一気に上げることで、一度にクラミジアの原因菌を殺菌して居S舞う方法がとられます。ゆっくりと服用をしてジスロマックに対する耐性がついてしまい、薬が効かなくなってしまうのを避けるためだと言われています。
ジスロマックは副作用として胃腸への影響があるため、胃腸が弱い人は1回の服用量を減らし、服用回数を増やす方法がとられることもあります。服用後に下痢が起こるという副作用が報告されていますが、ほとんどは1回のみ、数時間で症状が治まります。それ以降も様子がおかしいと感じたら、医師の診療を受けましょう。
またその人の症状や体質によって飲み方が変化する場合がありますので、正しい飲み方は処方されたときの医師の指示に従うようにしましょう。
抗生物質を通販で安く手に入れる
■病院に通うのが恥ずかしいならクラミジア 検査